家族

両親と妻、子供3人の7人家族です。

両親は猪野瀬村と勝山町合併の年に生まれました。

動物たち

上記の家族以外に、18年前から犬と亀がいました。
犬の名前はメイでした。5月生まれです。寄る年波には勝てず、2011年1月に生涯を終えました。
亀はミドリ亀で、岐阜に住んでいた頃500円玉程度の大きさの時に、1匹500円で3匹ホームセンターでで買ってきました。
2010年夏にこちらも最後の一匹が生涯を終えました。
そして、2011年8月新しく快くんがやってきました。
7月生まれのバーニーズ・マウンテンドッグです。
相当大きくなるようです。現在約51kgで、ダイエット中です。
名前のとおり男の子です。腕白ですがとても甘えん坊です。

         

ザ・シマシマぶらざーず

何かと騒々しいシマリス兄弟です。長女が飼育しています。雄で、名前はルイスとジェミニらしいです。まとめてシマシマぶらざーずです。
いつもは、あだ名の、ヨワッチーノとツヨッチーノと呼ばれています。
買ってきたときジェミニが風邪を引きふらふらだったことからヨワッチーノと名付けられました。
そのとき、薬をミルクとともにほ乳器で飲ませたためヨワッチーノは良く人になついています。
実は、現在のシマリスは2代目です。初代は秋に買ってきたため、結局なつきませんでした。
今思うと雌だったと思います。
シマリスはどうも寒さにも暑さにも弱い動物のようです。25度以下では風邪を引くようですし、30度を超えるとぐったりと寝ころんでいます。
冬は冬で20度以下になると巣箱にこもり、入り口を綿などで完全に蓋をしています。
残念ながら、ルイスことツヨッチーノが不慮の事故で12月に旅立ちました。
で、代わりがやってきています。マイリー。女の子のシマリスです。
とてもおてんばです。
残念なお知らせですが、マイリーは先日天に召されました。
ツヨッチーノの隣にくるみを持たせて埋葬しました。
約8年の一生でしたので、シマリスとしては長寿だったかもしれません。
ヨワッチーノは10才を目指して元気です。
        
 
        

陸上競技

と言っても私が走る訳ではありません。走る事自体は子供に任せて、もっぱら見ることに専念しています。
私自身は、子供の頃からこれと言った運動はしてきませんでした。
たまたま、奥越マラソンの景品ほしさに子供とマラソンにでたことが子供たちに影響を与えたようです。
3人とも小学生の頃は、1500mを走っていましたが、高校生になると400mもしくは800mになりました。
この距離に適正があったらしいとも言われますが、本当のところはどうにも根気がなくてトラック1周もしくは2周以上走るのいやだったと言う説が有力です。
というわけで、我が家のお正月は箱根駅伝で始まります。現在は3人とも競技からは離れています。
いまは、私が審判として陸上競技のお手伝いをしています。

冬のスポーツ

これも私が競技スキーをするわけではありません。但し、趣味として毎シーズン楽しんではいます。
実は子供が幼稚園に入った頃、私自身はスキーが出来ませんでした。本当に。
九頭竜スキー場の上から何度も転びながら雪だらけになって下りてきました。その後、子供たちが競技スキーを始め、そのどさくさにまぎれて練習しました。
今振り返ると、子供を前において、ボーゲンで(それしか出来なかったので当然と言えば当然)滑っている内に何となく出来るようになっていたようです。
また、ちょうどカービングスキーになる頃でもあり、タイミングも良かったのかもしれません。
朝一番の、スキージャムのイリュージョンサイトはとても良いと思うのですが、最近はきびしくなってきました。
バラエティサイトに人工造雪機が2台設置されて毎シーズンの営業期間が安定してきたようです。